MENU
ログイン
ログイン

ロック大陸漫遊記を聴きました!

9月27日放送のロック大陸漫遊記をradikoのタイムフリー機能で聴きました!

今回のテーマは「アルペジオのロックで漫遊記」ということで、アルペジオが印象的な曲を紹介してもらいます。

アルペジオとはギターの弾き方の1つで、弦を1つずつ弾いて、単音でメロディをつくっていくものになります。

スピッツはアルペジオをよく使っていますが、一曲目はスピッツの曲の中でも始まりから終わりまで、エレキギターのアルペジオが入った「冷たい頬」から。

冒頭では、有名人がよくお気に入りのお店などを紹介してくれますが、でも人気がでたりしちゃうと行きづらくなってしまうので、本当のお気に入りは紹介しぬいんしゃないか…とのこと。

冒頭では、最近ではマスクの供給不足が解消されて、色んなマスクが店頭に並ぶようになって自分に合うものを探したそうです。

草野さん的には、柔らかいマスクだと鼻で大きく息を吸い込むと鼻の穴が塞がれてしまうことがあるのでそうならないもので、擦れても肌が痛くならない素材がよいとのこと。

顔の形や、要望を聞いてオススメを紹介してくれるマスクソムリエがいてもよいかもーなんて話していました!

雑談ではスピッツがアルペジオを使う機会が多い理由も述べられています。

デビュー前はブルーハーツに憧れていた話しは有名で、ダイレクトコードをジャカジョカかき鳴らす形が多かったけど、ギターの三輪さんがもともとフォークソングも好きな人だったので、その要素が出始めたということと、80年代後半のザ・スミスというイギリスのバンドのギタリストの、アルペジオと軽快なカッティングが、それまで聞いていたベビメタやパンクにはなく今で言う逆張りでかっこよく感じたとのことです!

そんな草野マサムネさんがお送りするラジオ番組「ロック大陸漫遊記」はradikoのタイムフリー機能で聞くことができます。詳しくはこちらの記事で!

あわせて読みたい
radikoで過去のラジオ放送を聴く方法。
radikoで過去のラジオ放送を聴く方法。『radiko』を使用すると過去(一週間前まで)の放送がいつでも聴くことができます。このページではその方法を紹介したいと思います。【radikoとは?】パソコンやスマート...

コメント

コメントする

目次
閉じる